第7回ミニツク展開催のお知らせ


第7回「ミニツク展」
〜 国分寺崖線を歩いてみてつくる 〜

















日時:2014.11.19(水) - 24(月・祝) 11:00 - 18:00 【会期中無休】
※うち、23日(日)、24日(月・祝)は「ぶんぶんうぉーく」期間中

展示会場:国分寺さんち
〒185-0021 東京都国分寺市南町2-8-7 半沢ビル2F
http://kokubunji-sanchi.net/
 

「ミニツク展」は、中央線の各駅の近くにある名所やこれはという場所を指定し、そこに行って、見て、感じて、つくったモノを展示します。
毎年1回開催する予定で、32駅制覇は、32年かかる息のながいプロジェクトです。
第7回のテーマは、「国分寺崖線」。太古の昔、多摩川に浸食されてできた痕が、今も約30kmにわたり、残っています。
国分寺は奈良時代から続く町で、崖下には、湧き水や、緑が豊富で、町の人たちの近くに、今も自然が生きています。
出展者による投票の集計により、「大賞」を決定します。また、来場者の投票による、「人気賞」も予定しています。


●出展者
石崎 育味
梅澤 万貴子
竹中 義明
中村 哲也
藤川 征輝
古田 裕
宮内 賢治
吉川 友紀子
米倉 八潮


●レセプション
2014年11月22日(土)18:00〜
表彰式(大賞)ならびに交流会。誰でも参加可能です。
※お申し込みはinfo@chub.jpまでお願いいたします。

●一般投票期間
11月19日(水)〜24日(月・祝)【会期中】


主催:中央線デザインネットワークhttp://www.chub.jp 
グラフィックデザイン:米倉八潮
会場構成:吉川友紀子
企画:萩原修
運営:吉川友紀子/小松伸一
協力:国分寺さんち