第7回ミニツク展 エントリー受付のお知らせ


gaisen.JPG







第7回ミニツク展「国分寺崖線を歩いてみてつくる」 エントリー受付のお知らせ

中央線デザインネットワーク 第7回公募企画「見に行って、つくる」(ミニツク)展

「ミニツク展」は、中央線の各駅の近くにある名所やこれはという場所を指定し、そこに行って、見て、感じて、つくったモノを展示します。

毎年1回開催する予定で、32駅制覇は、32年かかる息のながいプロジェクトです。

第7回のテーマは、「国分寺崖線」。太古の昔、多摩川に浸食されてできた痕が、今も約30kmにわたり、残っています。国分寺は奈良時代から続く町で、崖下には、湧き水や、緑が豊富で、町の人たちの近くに、今も自然が生きています。

出展者による投票の集計により、「大賞」を決定します。また、来場者の投票による、「人気賞」も予定しています。

賞金、賞品はありません。1年間フルスイング制作の「トロフィー」のホルダーになれます。

トロフィーは、第1回の戸田晃さん、第2回の寺田尚樹・第3回の寺田尚樹さん、第4回の山口諭さん、第5回梅澤万貴子さん、第6回丸山晶崇さんといった歴代の「大賞」受賞者からから大切に引き継がれたものです。果たして、第7回は、誰の手に!?


----------------

第7回ミニツク展「国分寺崖線を歩いてみてつくる」


●展覧会会期  2014年11月19日(水)〜24日(月・祝)
       (※うち、23日(日)、24日(月・祝)はぶんぶんウォーク期間中)

●展覧会場  「国分寺さんち」(〒185-0021 東京都国分寺市南町2-8-7 半沢ビル2F)
        http://kokubunji-sanchi.net/        
        11時〜18時(予定)

●レセプション 2014年11月22日(土) 18:00〜
        表彰式(大賞)ならびに交流会。誰でも参加可能です。

●一般投票期間 11月19日(水)〜24日(会期中)

●搬入設営   11月18日(火)

●搬出     11月25日(火)

● 応募資格  デザイナー心があれば、誰でも参加可能です。

● 作品は、原則ひとり1点。(シリーズの場合は、複数でも可)平面でも立体でも写真でも文章でも表現方法は自由です。サイズは展示でき、会場にはいる大きさで、他の人の迷惑にならない良識の範囲でお願いします(全体の人数とスペースにより調整する場合があります)。

●作品の搬入、設置については、基本的には、自分でおこなってください。壁につける場合や、上から吊るすための道具などもご自身でご用意ください。事前に、自分の目で、会場を確認し、展示方法などご検討ください。

● キャプションは、統一。事務局で制作します。必要事項などについては、後日、事務局より連絡します。

● 参加定員15名(申込み先着順)

● 参加費 10,000円(DM代、パーティー代などに使います)

●期間中、半日程度の会場当番をお願いします。後日、事務局より連絡します。

● その他、パーティ担当、賞の運営などもありますので、よろしくお願いします。

●エントリー方法

1、名前

2、肩書きまたは所属

3、住所

4、携帯電話番号

5、メールアドレス

6、およその作品内容(平面、立体、写真、文章など)

を明記の上、中央線デザインネットワーク事務局(info@chub.jp)までメールしてください。

国分寺崖線のまち歩きツアーを9月23日(火・祝)11時から行います。(個別に見学しに行ってもかまいません。)また、同日、午後2時からミニツク展の出展者説明会もあわせて行いますので、それぞれの参加の可否もあわせてご連絡ください。

みなさまのエントリーを心よりお待ちしています!

中央線デザインネットワーク http://www.chub.jp/


---------※昨年(2013年)の様子---------

minitsuku001.jpg

昨年は八王子の「TRICKYgallery」で行われました

minitsuku002.jpg




minitsuku003.jpg



昨年の大賞作品!格好いいポスターです。

minitsuku005.jpg
参加者同士の交流会も盛り上がりました

minitsuku004.jpg