人や場所や技術がつながり、やりたい人だけが集まることで、主体的に、自然発生的に生まれるプロジェクト。
「中央線デザインネットワーク」では、そんな意義のある楽しいプロジェクトを生み出し、育て、見守っていきたいと考えています。

国立本店

国立本店

2006年にオープンした持ち寄り本屋。
「中央線デザインネットワーク」の活動拠点であると同時に、デザインに興味のある人と街に開かれた場所。
建築やデザインの古本を中心に販売する本屋であり、
ちいさな展覧会や、トーク、ワークショップの会場、あるいは、デザインに関する打ち合わせや相談窓口など、
さまざまな使い方ができ、さまざまな人が交流できる小さなスペース。

店長
和久 倫也 (08年04月~10年03月)
三星安澄(06年04月~08年03月)
所在地
186-0004 東京都国立市中1-7-62
国立駅南口徒歩5分 床面積 7.47坪
連絡先
042-575-9428
Mail:honten@chub.jp
http://kunitachihonten.info/

西荻紙店

西荻紙店

2011年にオープンした、ペーパープロダクトのお店。
さまざまなデザイナーといっしょに、実験的な試みをしながら、紙とその周辺のプロダクトを展示、販売しています。
紙を使い、紙を積み上げ、紙の可能性を探っていく、紙を縁に、さまざまな人が行き交いつながる交差点のような場所を目指しています。

シテンチョウ|洪 華奈、シハイニン|三星 安澄、トリシマリヤク|萩原 修
ロゴデザイン|三星 安澄、家具・什器|フルスイング

東京都杉並区西荻北三・三一・一三 勝三ビル二○一(西荻窪駅徒歩3分)
12:00-19:00 月・火曜定休
TEL : 03-6913-5960

http://www.nishiogishiten.jp/

国分寺さんち

国分寺さんち

デザインの力を活かし、暮らしに必要なモノコトを生み出し、
地域や暮らしに根ざした仕事をする山のうえの活動拠点です。

http://www.nishiogishiten.jp/

てぬコレ

てぬコレ

てぬコレは、てぬぐいのコレカラを楽しむプロジェクト。
2007年1月に国立本店で開催した、8人がオリジナルのてぬぐいをデザインした「てぬぐいいろいろ」展をきっかけにはじまったプロジェクト。
原宿にあるショップ「アシストオン」から声がかかり、2008年8月に第一弾、8柄を発表。
グラフィックデザイナーを中心に、年2回のペースでこれまでにないてぬぐいのデザインを生み出しているます。

http://www.tenukore.com/

かみの工作所

かみの工作所

2006年4月にスタートした立川の紙の加工を得意とする印刷会社と、デザイナーが取り組むプロジェクト。
紙を加工してできる道具の可能性を追求し、展覧会で発表し、商品化し、多くの人の手に紙の道具の楽しさを提供しています。

また、工場見学を定期的に開催し、紙の加工について多くのデザイナーに理解してもらうことで、その可能性を広げています。
プロデュース:萩原 修、ディレクション:三星安澄、マネージメント:山田明良の3人を中心に、
10人以上のデザイナーが参加して活動しています。

http://www.kaminokousakujo.jp/