第30回交流会「西国分寺」

中央線デザイン倶楽部では毎月定例の交流会を開いています。

2007年の9月から始まったこの交流会は、
毎月中央線の各駅(途中から総武線の駅も追加)を周り、
その駅の周辺を散策しつつ、交流を深めていこうという会です。

ついに30駅目となった今回は「西国分寺」。


R0014979.jpg

今回の参加者は萩原さん、デザイナーの丸山さん、木口さん、東京にしがわ大学の酒村さん、
そして今回初めて参加される建築家の金子さんと私の6人です。


リーダーの萩原さんが1時間遅刻するというハプニングのなか、
一行が向かったのは駅からほど近い「クルミドコーヒー」さん。


R0014967.jpg

「クルミド」というからにはクルミが各テーブルに置かれています。


子供のためのカフェというテーマのこのカフェ。

階段下に子供しか入れなさそうな小さな小部屋があったり、
無垢材のテーブルや、置かれている家具の質感まで、とても心地よい場所でした。


西国分寺にこんなにきめ細かく作られているカフェがあることに驚きました。


R0014969.jpg

自分で豆を粉にしてドリップするスタイルを選んだ私。なんとなくホーリー。


萩原さんと合流し、クルミドコーヒーさんを離れ、次なるお店に移動。

R0014972.JPG

本日の交流会の会場「西国村」。 味道楽の文字がレインボー。
 


月末の花金ということもあってか、なかなかお店に入れない私たち。
ようやく入れたのは駅徒歩0分の「西国村」というTHIS IS 大衆酒場でした。


椅子が自然にロッキングチェア化していたり、
たまごコロッケとたまごサラダコロッケという謎の二種類の卵系揚げ物があったりと、
何かと不思議なお店でしたが、
金子さんの杉並区の話しからにしがわ大学の話しまで、
終電近くまで盛り上がりました。


R0014977.jpg

にしがわ大学学長と杉並のことに詳しい金子さん。このあとにしがわ大学にとって大事なことが決まったようです。


隣の国立に住んでおきながら、まったく知らなかった西国分寺でしたが、
住宅街に囲まれて駅がある雰囲気が
近隣の駅にはない心地の良い街並みを作っていました。

ーーーーーーーーーーーーー

中央線の交流会も残すところあと2駅。

来月はお花見も兼ねますので、
これまで参加された方も
中央線デザイン倶楽部に興味のある方も
是非いらしてください。